お湯で溶かす方法 | トイレがつまったら大変!業者に修理してもらおう!

トイレがつまったら大変!業者に修理してもらおう!

お湯で溶かす方法

掃除道具

トイレのつまりがペーパーによるものであると断定できた場合、お勧めの対処法があります。それは詰まったペーパーをお湯で溶かすというものです。まず用意するものはバケツなどの容器とお湯です。容器にお湯を入れてトイレへ持って行き、それを流すだけです。後は詰まってしまったペーパーが溶けるのを待つだけです。目安としてはお湯を流してから一時間ほど待つのがお勧めです。しかしこの方法には注意すべき点があります。それはお湯の温度です。
もちろんお湯の温度が高ければ高いほど詰まったペーパーに対して効果を発揮します。しかし温度が高すぎるとトイレを傷めてしまうことがあるのです。とりわけパッキンなどにはゴム製のものが多く、これらが高温にさらされると壊れてしまうことがあるのです。また陶器製の便器も高温に耐えることができず、割れてしまうことがあります。そのためつまりを改善するためのお湯は40度から60度くらいのぬるま湯であるべきです。
またお湯を使ってつまりを改善しようとしても、それができないことがあります。このような場合はつまりの原因がペーパーではなく、他のものであることが考えられます。そのためお湯を流してもなかなかトイレの水の水位が下がらない場合、他のものが詰まっている可能性が高いと言えます。この場合は他の対象法が必要となりますので、何度もお湯を流すことがないようにするべきです。なぜなら先にも述べたように、お湯は便器を傷めることがあるからです。